映画「二人の女王」あらすじやネタバレ

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のあらすじや感想、ネタバレなどをご紹介しています。
幸せだったのは、どっちの女王?二人の歴史ドラマ!


映画【ふたりの女王】とは?

幸せだったのはとっちの女王?

激動の16世紀イギリスを生きた、スコットランド女王のメアリー・スチュアートと、イングランド女王のエリザベスⅠ世。
いとこでありながらも牽制し合い、同時に引かれあっていた二人の歴史ドラマ。

人生を楽しむ大胆さと美貌を兼ね備えていたメアリーは、3度の結婚を経験した「愛に生きた女王」。一方、エリザベスは天然痘にかかって以来、カツラを着用し、荒れた肌を白塗りで隠すなど外見的なコンプレックスと抱えていた人。国を守るために結婚をせず「処女王」とも呼ばれていた。

対照的に見える二人だけれど、権力を利用しようとする宮廷内の陰謀に翻弄され、孤独を抱えていたのは同じ。過酷な運命に立ち向かった誇り高い生き様は、今を生きる私達にも勇気を与えてくれます。

【ふたりの女王 メアリーとエリザベス】のあらすじ

16歳でフランス王妃となり、18歳で未亡人となったメアリーは、スコットランドで再び王位につく。しかし当時のスコットランドは、女王エリザベスⅠ世の支配下にあった。メアリーは自身のイングランド王位継承権を主張、エリザベスの権力を脅かす。

恋愛、結婚を経験し、気高く美しいメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。それぞれの宮廷内部で起こる裏切り、反乱、陰謀がふたりの王位を危険にさらし、歴史の流れを変えてゆく。

お互いに「従姉妹」を恐れ、同時に魅惑されていた若き女王たちは、男性社会の中で政治を司る女性として戦うのだった……。

【ふたりの女王 メアリーとエリザベス】キャスト

監督
ジョシー・ルーク
脚本
ボー・ウィリモン
原作
ジョン・ガイ
出演者
シアーシャ・ローナン/マーゴット・ロビー/ジャック・ロウデン/ジョー・アルウィン/ジェンマ・チャン/マーティン・コムストン/イスマエル・クルーズ・コルドヴァ/ブレンダン・コイル/イアン・ハート/エイドリアン・レスター

映画【ふたりの女王】感想は?

ストーリー的には地味な感じですが、見応えのある作品でした。
この時代、この国でも男女差別たるものは少なからずあってそれに巻き込まれていく主人公2人の姿に改めて考えさせられる場面もありました。
キッチンだけではなく、いろんな場所で使えメアリーが自身の危険を感じてエリザベスに息子を託す手紙のシーンは他のドラマでも感動したが、映画でも感動した。改めてほんとうにすごい時代。
キッチンだけではなく、いろんな場所で使えエリザベス1世のことを描いている作品は多いと思うけど、メアリー・スチュアートを中心に描いているのはあまりない気がする

映画【ふたりの女王】ネタバレ感想!

ココからはネタバレを含みますので閲覧注意ですよ!

キッチンだけではなく、いろんな場所で使え女性の幸せと得、それ故の苦悩も受けたメアリーと、男性として生きることで、それらを回避したエリザベス。
二人の立場の違いとそれがもたらした結果を軸に、二人の交流と対立を描く。
原題はMary Of Scotsでメアリー視点の物語だった。何故ふたりの女王にしたんだろう。
キッチンだけではなく、いろんな場所で使え映画の2時間程度では、壮大な歴史的事実と二人の波瀾万丈な人生は、ちょっと受け皿が小さすぎたのではないかなぁ…。
キッチンだけではなく、いろんな場所で使えエリザベスの、男性になるっていうのは、少し前(今でも?)のキャリア女性が選択せざるをえなかった道。男性になるというのは、女性的なものを捨てるということ。でも、社会の当たり前と自身の欲求に背くことは容易ではない。紙の花を延々作り続けるシーン、馬小屋でのシーンは、辛いし狂気が滲む。

映画【ふたりの女王】まとめ

今回は映画【ふたりの女王】のあらすじや感想、ネタバレをご紹介しました。

メアリーの高潔さ、激情を体現したシアーシャ・ローナンとエリザベスの孤独を繊細に演じた左のマーゴット・ロビー。旬を迎えた女優さんにも注目です!

コメント