本当の恋の探し方

本物の恋には人生を成功に導く力がある!
今回はそんなあなたの中での恋の意識革命になるようなお話です。

本物の恋を見分けるコツ

深く愛されて幸せになっていくには、心から愛し合う価値のある男性に恋をすることが先決です。そういう価値や魅力を感じさせ、ときめきを覚える人でなければ、ただ「愛されたい」「幸せになりたい」と願っても良い結果は得られません。
また、ものには順序があります。あなたが深く愛されて幸せになり、より良い人生を送っていくためには、心を大きく揺すぶられるような本物の恋と、ただの恋を見分けることが、まず何よりだ重要です。

本物の恋には「美」と「自信」と「夢」を引き出す力があります。「本物の恋が美を引き出す」というのは誰でもスッと理解しやすいのではないかと思います。実際ほとんどの女性が「恋をした途端おしゃれがしたくなる」「どんどん綺麗になっていく」という体験をしているでしょう。恋というものは、その人の内にもともと備わっている美しさを引き出すパワーがあるのです。
けれど自信と夢は?

あなたの恋は「自分はいい女だ」という自信を与えてくれますか?「彼と一緒にこんなことがしたい」「将来はこんな風になっていきたい」という夢を引き出していますか?

もし引き出せないでいたのなら、その恋はパワーが不足しています。おそらく、本物の恋ではないでしょう。選んだ相手が間違っているとかもしれません。あるいは、あなた自身の準備がまだ整っていないのかもしれません。しかし、いずれにしてもこれからいくらでも本物の恋に出会っていけます。そのために必要な準備の仕方も後でお伝えしますので今は焦らず順を追って理解していきましょう。

恋が本物か本物でないか見分けるための基準は「夢を引き出すパワー」です。本物の恋ならあなた自身も気づかなかった夢を心の底から引き出していきます。
「私と本当は自分の会社を立ち上げたかったんだ」
「デザインや柄の勉強をして個展を開きたかったんだ」
というように、未来への大きな夢が見つけられる恋なら、かなりのパワーがあります。恋によってあなた自身のパワーも増していきます。それこそまさに、恋が本物である証拠です。
本物の恋をして夢を発見した女性ほど強いものはありません。美の加速度がつきますし、夢を実現するスピードも早まります。「こんな風にうまくいくのは誰にも夢にも愛されている証拠だ。だから誰が何と言おうと私はものすごい魅力を持ついい女ものだ」というように絶大な自信がごく自然と引き出されていくのです。

男が本能的に惹かれる「女性の美しさ」とは?

自分の容姿を全て受け入れ、肌のお手入れやオシャレにも前向きに取り組み「私は本当にいい女だ」と満足している女性ほど、円満なセルフイメージを抱くことができます。また、そういう女性に限って、体の内側からキラキラと輝いています。いわゆる美人顔か、そうでないかということは全く関係がないのです。それよりも、心の内側から輝くものがあるかどうかが男性を惹きつける上で重要なのです。
そう聞いて「心の内側は目に見えない。もっと強く異性にアピールできるものが欲しい」と考える人もいるでしょう。しかし、人間というものはあなたが思っている以上に心の内側を見抜くものです。
「あなたと話しているととても楽しい」
「一緒にいるとなぜか安心できる」
そう感じさせてくれる女性に、男性は思わず近づいて行きたくなるものです。顔やスタイルの良さに関係なく、その人の内面の豊かさにひきつけられるからです。心の輝きを映し出す笑顔、落ち着いた話し方などから、相手を受け入れる余裕と優しさを敏感に感じ取っているのです。

その他にも、男性が女性の美しさや魅力を敏感にキャッチする場面はたくさんあります。
本人も意識していないようなふとした瞬間に、男性をドキッとさせるような魅力が溢れ出ることがよくあります。
男性に与えるその一瞬の感動は、全てを変えてしまいます。それまでは「さほど美人じゃないな」と思っていても途端に「いい女」に見えてきて、その後はずっと「いい女だ」というイメージを持ち続けるようになるのです。

ですから、無理に「自分はこれほどいい女だ」とアピールするよりも、ごく自然にゆったりと構えて、心の内側から輝くことが大切です。それができないのはまだ本当の自信を持てずにいる証拠です。
輝きへの第一歩は、他人の評価ばかり気にせず、自分を信じることからスタートします。「自分を信じる」ということは「自分の信念を持つ」ことです。
「私は自分が大好き。だから自分を大切にして生きる」
「私に不幸は似合わない。いつも幸せでもっと幸せになっていく」
と本気で考える人は、その信念に基づいた素晴らしい人生を歩んでいけます。

なぜ、結婚願望が強すぎると、結婚が遅くなるのか?

「収入がいいから」「学歴が高いから」という理由で人を好きになるのは、本当の恋ではありません。そんなことはまるで関係なく、無条件で人を好きになってこそ、恋の醍醐味や愛の喜びが味わえます。
そういう素晴らしい恋をして結婚につながったとしたら、これ以上はないほど嬉しいでしょう。そしてその結婚はきっとうまくいくでしょう。

けれど現実は、すべての恋が必ず結婚に至るわけではありません。
結婚はふたりの共和国を作る決心から始まります。二人の生き方や条件などが一致して初めて成り立ちます。ですから、条件が合わず結婚する理由やメリットがないのなら、そのまま恋愛関係を続けていけば良いと私は考えています。
「恋愛と結婚は別物」と納得し、いい恋愛の経験を積んでいく方が男も女も成長します。また、いい恋愛ができる人ほど良い結婚ができるものです。

逆に「結婚できそうな人しか好きにならない」というように、結婚願望にとらわれていると素敵な恋に出会えません。
なぜなら、そういう人は恋を求めているのではなく、結婚を求めているからです。間違ったものを欲しがっていると、いつまで待っても願いは叶いません。その結果、帰って結婚のチャンスも遠ざけてしまいます。
もちろん「結婚したい」という欲望を持つのは悪いことではありません。
けれど、もっと幸せになりたいと望むならあなた自身がまず、無条件で人を好きになれる自分に変わっていくことです。
「相手が好きになってくれたら自分も好きになる」という臆病な愛し方ではなく「愛されるより愛したい」と言えるだけの強い心を持ちたいものです。そうして自分の愛を出し惜しみしない人のもとには、放っておいてもたくさんの恋と愛が集まってきます。

コメント